AI introduction consulting
AI導入コンサルティング

「AIを活用して何かしてみたい」そんなお客様のご要望をヒアリングし
「プロトタイプ」をご提示及び「スモールスタート」でのAI活用を実現します。

こんな悩みはございませんか?

自社でAIを活用
したいが、どこから手を付けたら
よいか
わからない。

現状のシステム開発プロジェクトにAIを適用して、
プロジェクト管理業務を
効率化したい。

AIを活用することで、
自社のビジネスにどう役立つのか「具体的なイメージが沸かない」

自社のAIスキルの
底上げをしたい。

私たちの豊富な「プロジェクトマネジメント支援」の
経験と
高度なAIスキルを融合させ、企業様にとって
最適なソリューションを提供いたします。

私たちの3つの強み

私たちの3つの強みを最大限に活用し、
お客様のAI化推進を強力にサポートします

  1. 01

    プロジェクトマネジメントに特化した
    コンサルティング会社としての豊富な
    スキルとノウハウ

    保険(生保/損保)、金融(銀行/消費者金融)、公共(電力/ガス)、製造業など多くの業界でのプロジェクトマネジメント
    支援実績があり、プロジェクトの立ち上げ・計画から実行・トラッキング・終結までの様々なマネジメント知的資産やノウハウを保有

  2. 02

    高度なAIスキル

    AIの有識者で構成される専門チームによる、様々なAI手法(画像認識、音声認識、自然言語処理 等)に基づいた、
    AIソリューションのご提案、およびプロトタイプのご提供が可能

  3. 03

    充実したAI研修コンテンツ

    これまでの開発実績に基づいた独自のAI研修教材を多数保有しており、実例に基づいた具体的で幅広い研修のご提供が可能

プロジェクトマネジメント× AI

 AIの発展により、これまで人手ではできなかった大量データの分析、機械学習、結果予測が可能となりました。プロジェクトマネジメントの領域においても、AI自然言語処理分野の発展に伴い、AIを用いて支援できる範囲が着実に広がってきました。
 弊社はプロジェクトマネジメント領域において、AIをどのようにご活用いただければお客様にとって最大の効果が出るのかについて、精緻にヒアリング・分析を行い、最善のAIソリューションのご提案をさせていただきます。また、ご提案するソリューションに基づき、プロトタイプをご提供いたしますので、効果をご確認いただきながら少しずつお客様に合ったAIシステムに仕上げていくことができます。
なお、AIは最先端技術で高価なイメージがあるかもしれませんが、弊社はお客様の予算に合わせて、スモールスタートでの導入が可能です。

アウトプット例

  • プロジェクトマネジメント業務におけるAI化可能な部分のご提案
  • お客様のニーズに応じたプロトタイプAIの開発・提供
  • プロジェクトデータをAIで分析し、お客様マネジメントの
    判断材料を提供できるAIソリューションのご提案

サービスの流れ

様々なAI手法(画像認識、音声認識、
自然言語処理等)に基づいた、
プロジェクトマネジメントに関するAIソリューションのご提案やプロトタイプ実装により、
クライアント様のDX化推進をサポートいたします。

  1. STEP1

    現状のプロジェクトマネジメント業務のヒアリングを行い、マネジメントが意思決定を行う上での課題の洗い出しをを実施。

  2. STEP2

    • ・弊社が保有しているプロジェクトマネジメント方法論+様々なAI手法
      (CNN、RNN、トランスフォーマー、BERT、生成モデル 等)に基づき、AI化可能な部分の切り出しを実施。
    • ・使用可能な学習データの調査およびデータ準備(データ拡張)
  3. STEP3

    AIソリューションのご提案

  4. STEP4

    AIソリューションプロトタイプの実装

些細な事でも構いません。
プロジェクトマネジメントの
専門家にご相談ください

お問い合わせやご相談はこちら

Case事例紹介

「専門家の判断」補助ツールの研究

2021/07/02

競馬予想AIの研究

2021/07/02

About us私たちについて

豊富な経験とノウハウを武器に、
御社のプロジェクトを成功へと導きます。

エム・ティ・ストラテジー株式会社は、
現場経験豊富なITコンサルタント、
プロジェクトマネージャーの知見に基づき、
クライアント企業様のマネジメントに寄り添い、
最適なプロジェクトマネジメントコンサルティングを実施いたします。

Recruit 採用情報

「将来必要とされるITマネジメント人材へ」
私たちと一緒にIT業界の未来を拓きませんか?